不動産の税金種類

不動産にかかる税金の種類は様々なものがあります。
まず、不動産を取得した時にかかる税ですが、取得した後、一定期間が経過した後に納税通知書がくる不動産取得税、所有権移転、保存、抵当権設定の登記をする時にかかる登録免許税、売買契約書にはる印紙税、一定面積以上の土地を取得する時にかかる特別土地保有税などがあります。その他、もし贈与によって不動産を取得した場合や、不動産を取得するための資金の贈与を受けた場合は、贈与税がかかります。不動産の取得が相続などの場合は、相続税がかかります。また、中古物件などを売買した場合は、不動産会社に依頼することが多いです。売買契約が成立した時、成功報酬として仲介手数料を支払うのですが、これに対して消費税がかかります。また、土地にはかからないのですが、売主が業者の場合は建物に対しては消費税がかかります。その他、注文住宅を建てる場合、工事費などに対して消費税がかかります。
保有している時も、税金がかかります。土地、建物の両方にかかってくる固定資産税、都市計画区域内に所有する土地や建物がある場合にかかる都市計画税、一定面積上の土地に対してかかる特別土地保有税があります。これらは毎年、支払わなければいけません。減価償却があるため、建物に対する税は減っていきます。
売却をした時にも税金はかかります。売却益に対してかかる譲渡所得税、住民税、売買契約書にかかる印紙税があります。譲渡所得税に関しては、様々な特例があるため、減額されることが多いです。
また、家や部屋などを貸した場合にもかかります。家賃収入は所得となるため、この所得に対して税がかかります。但し、減価償却やメンテナンス費用などを差し引いた上で、利益となっている部分に対してのみの課税となります。
このように、不動産にかかる税金の種類には様々なものがあります。取得したり売却したりする時だけでなく、保有している時も課税されます。