税金対策の不動産って

土地や建物などの不動産については、各種様々な税金の対象になります。まずは毎年1月1日に所有している人に1年間分を課税する固定資産税が、その土地や建物がある不動産所在地の市町村から納税通知書が送られてきます。また、取得した時だけに課税される都道府県税の不動産取得税も課税され、忘れたころに納税通知書が送られてきます。
他にも、登記などをすれば登録免許税が課税されるなど、様々な税金が課税されてきます。
そうした税金対策を考える上で、制度をまず理解しておくことも重要です。また、その不動産の取得した目的などによっては軽減の対象となる税金もあります。インターネットなどで検索などをかけていると見かけることが多々ありえるので、不動産関係の税金について少し調べてみる価値はあります。
また、相続税の場合などのように高額になりやすい場合は専門家である税理士に頼んで、税金対策を聞いてみる手もあります。市役所や商工会議所、税理士会などが定期的に無料で相談会を開いていたりしますので、足を運んでみるのも良い方法であると言われています。
贈与税の非課税枠を利用して、少しずつあらかじめ贈与しておいて、相続の対象となるものを少なくしておく方法もあります。ただし、この方法はかなり手間であるだけでなく、専門の知識がないと毎年相応の出費を迫られる場合もあるため、税理士などの専門家に相談することも必要になる場合があります。
不動産の持ち分を少しずつ動かしていくやり方になりますので、固定資産評価額や持ち分などの移転の仕方など、様々な知識が必要になります。登記などの問題もありますから、その登記の方法なども知っておく必要があったりと本人の努力で学んでおくことが必要になりますから、節税よりもそうした手間暇を考えたら相続税の方が安かったなどという話になりかねません。
節税に向けた努力を本人がしっかりと行えるかどうかもこの税金対策には必要となります。